能因法師 <解説>




能因法師


<解説>






永延二年(988年)~永承五年?(1050年?)、康平元年?(1058年?)

別称:古曽部入道

平安中期の歌人
俗名 橘永愷(たちばなのながやす)、法名は初め融因、のち能因に改称した。
近江守・橘忠望の子で、兄の長門守・橘元愷(もとやす)の猶子となった。

中古三十六歌仙の一人。

長和二年(1013年)頃出家し、摂津国古曽部の里(現大阪府高槻市古曽部町)に住む。

藤原長能(ふじわら の ながとう / ながよし)に師事し、歌道師承の初例とする。

諸国を旅し、奥州・伊予・美作などに足跡を残した。
ことに陸奥旅行は名高い。

歌集には馬の記事が多く見えることなどから、
馬の交易のため各地を旅していたとの説がある。

自撰の家集『能因法師集(能因集)』がある。
著にはほかに私撰集『玄々集』、歌学書『能因歌枕』がある。

画像

画像


能因法師
The Monk Noin

「嵐吹くみむろの山のもみぢ葉は竜田の川の錦なりけり」
(後拾遺和歌集)[百人一首69]






能因法師とは



平安時代中期の僧侶・歌人


  ・永延二年(988年)~永承五年?(1050年?)、康平元年?(1058年?)
  ・長和二年(1013年)頃出家し、摂津国古曽部の里(現大阪府高槻市古曽部町)に住む。
  ・俗名 橘永愷(たちばなのながやす)、法名は初め融因、のち能因に改称
  ・別称:古曽部入道

中古三十六歌仙のひとり


  ・藤原範兼の『後六々撰』に載っている和歌の名人36人のひとり

小倉百人一首の歌人のひとり


  ・藤原定家が京都・小倉山の山荘で選んだとされる「小倉百人一首」に採られている。

    あらし吹く み室の山の もみぢばは 竜田の川の 錦なりけり(69番:「後拾遺集」秋・366)

能因歌枕


  ・歌集や著書
    自撰家集 『能因法師集(能因集)
    私撰集『玄々集
    歌学書『能因歌枕

漂泊の歌人の元祖


  ・官途に見切りをつけ、現世的拘束をはなれて歌道に専念するために出家。(高槻市史)
  ・漂泊の歌人の元祖と言われ、西行松尾芭蕉などが継承。
  ・諸国を旅し、奥州・伊予・美作などに足跡を残した。ことに陸奥旅行は名高い。





備考



・出家時期は長和二年、長和三年など諸説あり。
・能因法師図は伊勢寺蔵、土佐光起筆。平成25年(2013年)8月26日撮影。
歌学(かがく)は、和歌の本質・作法、古歌の解釈、故実、歴史など和歌に関する総てを研究する学問。通常、和歌の本質論は歌論と称し、それ以外の和歌に関する諸知識を求める学問を歌学と称する。
中古三十六歌仙(ちゅうこさんじゅうろっかせん)は、藤原範兼の『後六々撰』に載っている和歌の名人36人の総称。三十六歌仙が選ばれた後に称されたもので、三十六歌仙に属されなかったが秀でた歌人とそれ以後の時代の歌人が選ばれている。
歌枕(うたまくら)とは、古くは和歌において使われた言葉や詠まれた題材、またそれらを集めて記した書籍のことを意味したが、現在はもっぱらそれらの中の、和歌の題材とされた日本の名所旧跡のことをさしていう。






リンク、参考文献


リンク
やまとうた千人万首百人一首
敷島随想
国際日本文化研究センター(和歌データベース)
能因法師@千人万首
伊勢@千人万首
能因@Wikipedia
伊勢@Wikipedia
百人一首@Wikipedia
法師@Wikipedia
中古三十六歌仙@Wikipedia
歌学@Wikipedia
永延@Wikipedia
長和@Wikipedia
土佐光起@Wikipedia
司馬遼太郎 芭蕉・西行・能因 @東北文庫物語伝承館

能因 参考文献



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック