第13回平成奥の細道ウオーク 足跡 第一日 三戸~八戸

今日から本州の最北端の陸奥の国(青森県)に入る。 この日の平成の歌枕は「南部藩の総鎮守櫛引八幡神宮」。 境内の掃き掃除をしていたおばあちゃんとの一期一会は良い思い出となった。 櫛引八幡宮で出会ったおばあちゃん http://masaji.at.webry.info/200705/article_6.html …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第12回平成奥の細道ウオーク 足跡 第三日 一戸~金田一温泉

第12回平成奥の細道ウオークの第三日は一戸から金田一温泉まで 今日は一戸町から二戸市金田一温泉まで歩行 歩きたくなる道500選の 長い上り坂を登り浪打峠を越え九戸城跡に到着 午後は一路ゴールの金田一温泉へ 2006年10月9日 岩手県一戸町~二戸市 (画像をクリックすると600x40…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第12回平成奥の細道ウオーク 足跡 第二日 奥中山高原~一戸

第12回平成奥の細道ウオークの第二日は奥中山高原から一戸まで 一戸駅の待合室でいわき銀河鉄道の運休再開を待った。 出発時間に一時間遅れるため、途中の小繋小学校へ直行。 小学校を出ると奥州街道は馬渕川沿いにある。 濁流を眺めながら一戸駅まで歩いた。 2006年10月8日 岩手県一戸町 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第12回平成奥の細道ウオーク 足跡 第一日 好摩~奥中山高原

第12回平成奥の細道ウオークの第一日[予定]は好摩から奥中山高原まで 今日は好摩から奥中山高原まで歩行の予定が沼宮内で中止 奥の細道では豪雨に会い馬に乗った芭蕉と曽良。 平成の奥の細道では嵐に遭い、新幹線とタクシーが私達の馬となった。 台風並みの熱帯性低気圧の襲来で強風雨の中を重装備で出発。 沼宮内まで歩き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第11回平成奥の細道ウオーク 足跡 第三日 盛岡~好摩

第11回平成奥の細道ウオークの第三日は盛岡から好摩まで 今日は盛岡駅前から好摩駅前まで歩行 終日不順な天候であったが啄木のふるさとを訪れるので 不平を言う人はなし 2006年9月18日 岩手県盛岡市 (画像をクリックすると600x400に拡大されます) 盛岡駅前広…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第11回平成奥の細道ウオーク 足跡 第二日 紫波~盛岡

第11回平成奥の細道ウオークの第二日は紫波から盛岡まで 今日は紫波町から盛岡城址まで歩行 天気予報が外れ天候は終日なんとか持った。 午前中は奥州道中(国道4号)を、 午後は北上川堤防を北上した。 2006年9月17日 岩手県紫波町~盛岡市 (画像をクリックすると600x400に拡大さ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第11回平成奥の細道ウオーク 足跡 第一日 花巻~紫波

第11回平成奥の細道ウオークの第一日は花巻から紫波まで 今日は花巻市から紫波町まで歩行 台風13号の影響で天候が危ぶまれるなか花巻駅前を出発。 宮澤賢治ゆかりの花巻農学校や羅須地人協会や 日本三大杜氏のひとつ、350年余の酒造り歴史を持つ 南部杜氏の発祥地石鳥谷町を訪ねた。 売店で「ひとくち利き酒」を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第12回 平成奥の細道ウオーク 好摩~金田一温泉

第12回 好摩~金田一温泉 さすが岩手県 やすやすと歩かせてくれなかった 今回は嵐の中を歩き、 岩手県が誇る宮澤賢治の詩を体感する旅となった。 この程度の苦難に負けるような 平成の奥の細道ウォーカーではない 平成の奥の細道 岩手路を雨ニモマケズ風ニモマケズ 足跡 第一日…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第11回 平成奥の細道ウオーク 花巻~好摩

第11回 花巻~好摩 今回は岩手県が誇る宮澤賢治に始まり、 石川啄木に終る文学散歩と言える三日間であった。 また、台風に追いかけられる三日間ともなった。 嵐きて 厳しき土地と 教えられ 足跡 第一日  第二日  第三日 大会詳細 せっかくウ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第10回平成奥の細道ウオーク 足跡 第三日 金ヶ崎~花巻

第10回平成奥の細道ウオークの第三日は金ヶ崎から花巻まで 今日は金ヶ崎町から奥州市江刺、北上市を経て花巻市まで歩行 東北三大桜の名所といわれる展勝地では またも桜のオンパレード 2006年4月30日 岩手県金ヶ崎町~花巻市 (画像をクリックすると600x400に拡大されます) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第10回平成奥の細道ウオーク 足跡 第二日 日高火防祭

日高火防祭 (ひたかひぶせまつり) 第10回平成奥の細道ウオークの第二日終了後、水沢の日高火防祭へ 17世紀に始まったひぶせまつりは4月29日が本祭 駅前ロータリーの真ん中に陣取り厄年連の勇壮な踊を見物 伝統の重さと若者の熱気を体感した 2006年4月29日 岩手県水沢市 (画像をクリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第10回平成奥の細道ウオーク 足跡 第二日 平泉~水沢・金ケ崎

第10回平成奥の細道ウオークの第二日は平泉から水沢・金ケ崎まで 今日は観光客が少ない午前中に中尊寺を参詣の後 金ヶ崎まで歩行の予定であったが 日高火防祭の本祭があると聞き 一次ゴール地の水沢で終了し日高火防祭へ寄り道 2006年4月29日 岩手県平泉町~水沢市・金ケ崎町 (画像をクリック…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第10回平成奥の細道ウオーク 足跡 第一日 花泉~平泉

第10回平成奥の細道ウオークの第一日は花泉から平泉まで 今日は一関市花泉から平泉町まで歩行 奥の細道では豪雨に会い馬に乗った芭蕉と曽良。 平成の奥の細道では私達を待っていたかのように桜が満開。 昼食が花見となった春爛漫の一日であった。 2006年4月28日 岩手県一関市花泉町~平泉町 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第10回平成奥の細道ウオーク 花泉~花巻

第10回 花泉~花巻 今回は読んで字の如く花から花への春爛漫の三日間。 岩手県に入り平泉を過ぎると そこは芭蕉も知らない平成奥の細道。 新しい足跡を遺し始めました。 奥州路 花から花へ こころとぶ 足跡 第一日  第二日  日高火防祭  第三日 大会詳細 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第9回平成奥の細道ウオーク 足跡 第三日 登米~石越

第9回平成奥の細道ウオークの第三日は登米から石越まで 今日は終日登米市を歩行 登米は宮城の明治村 古き佳き時代の面影を残している またササニシキやひとめぼれのふるさとであり 豊かな田園地帯が広がっている 市長さんの歓迎スピーチは若くて元気で好評 2005年10月10日 宮城県松島町~石巻市 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第9回平成奥の細道ウオーク 足跡 第二日 石巻~登米

第9回平成奥の細道ウオークの第二日は石巻から登米まで 今日は宮城県石巻市、登米市を歩行 石巻では日和山、住吉公園など芭蕉の足跡を追った その後登米に向かって北上 途中、北上川沿いの道路は歩道がなく 大勢で歩くには危険なためバスで移動 悠々と流れる北上川の水量の多さ 2005年10月9日 宮城県…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第9回平成奥の細道ウオーク 足跡 第一日 松島~石巻

第9回平成奥の細道ウオークの第一日は松島から石巻まで 今日は宮城県松島町、東松島市、石巻市を歩行 瑞巌寺境内、五大堂横を通り抜け、しばらく海岸沿いを歩く 海が見えると何となく足取りも軽くなる 陸前大塚辺りから海岸を離れた 今日は距離が少し長いため最後の10キロは自由歩行となった 途中ポツリポツリと秋時雨が降る…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第8回平成奥の細道ウオーク 足跡 第三日 多賀城~松島

第8回平成奥の細道ウオークの第三日は多賀城から松島まで 今日は宮城県多賀城市、塩竃市、松島町を歩行 多賀城市では歌枕 末の松山、沖の石、野田の玉川、おもわくの橋 を巡回 ゆふされば潮風越してみちのくの 野田の玉河千鳥なくなり 能因 塩竃市では陸奥国一之宮の塩竃神社、御釜神社を訪ねた後 芭蕉にならい松…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第8回平成奥の細道ウオーク 足跡 第二日 仙台~多賀城

第8回平成奥の細道ウオークの第二日は仙台から多賀城まで 今日は宮城県仙台市、多賀城市を歩行 芭蕉の訪れた宮城野の薬師堂、榴ヶ岡天満宮、 多賀城市の多賀城跡、壷の碑、多賀城廃寺跡を訪ねた。 多賀城市には、 その面積の4分の1に遺跡が存在していると言われており、 多賀城跡や多賀城廃寺跡は国の特別史跡となっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第8回平成奥の細道ウオーク 足跡 第一日 岩沼~仙台

第8回平成奥の細道ウオークの第一日は岩沼から仙台まで 今日は宮城県岩沼市、名取市、仙台市を歩行 武隅の松はこのたびあともなし 千歳をへてやわれは来つらん と能因法師が見ることができなかった武隈の松は七代目 千歳を経て平成の能因たちが武隅の松を訪れた 西行法師が訪ね 朽ちもせぬ其の名ばかりを留めおきて …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第9回 平成奥の細道ウオーク 松島~石越

第9回 松島~石越 松島町、東松島市、石巻市、登米市を歩行 宮城県とは一度お別れとなる 今回は歩行、宿泊ともにいつもより便が悪かった 大勢での陸奥の旅であるから仕方がないか みちのくは一宿遠し秋深し 足跡 第一日 第二日 第三日 寄り道:浦戸諸島 大会詳細 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第8回 平成奥の細道ウオーク 岩沼~松島

第8回 岩沼~松島 先達に申訳けないが好天の三日間 能因法師が見ることができなかった武隈の松を眺め 芭蕉があきらめた実方の墓へ参る 202段の石段を登り塩竃さまにお参りし 船で松島へ 平成奥の細道の道中もどんどん佳境に入る 宮城野に名どころ映える秋の空 足跡 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第7回平成奥の細道ウオーク 足跡 第三日 貝田~大河原

第7回平成奥の細道ウオークの第三日は貝田から大河原まで 今日は福島県国見町貝田、宮城県白石市、大河原町を歩行 貝田駅から200m歩くと県境で、出発会場の越河小学校まで自由歩行 県が変わると風土も変化したように感じる 2005年5月1日 福島県国見町~宮城県大河原町 (画像をクリック…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第7回平成奥の細道ウオーク 足跡 第二日 福島~貝田

第7回平成奥の細道ウオークの第二日は福島から貝田まで 2005年4月30日 福島県福島市~国見町貝田 (画像をクリックすると600x400に拡大されます) 福島県庁を出立 文知摺(もじずり)橋を振向くと雪山が 阿武隈川 文知摺観音境…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

第7回平成奥の細道ウオーク 足跡 第一日 二本松~福島

第7回平成奥の細道ウオークの第一日は二本松から福島まで 今日は二本松市、安達町、福島市を歩行 天気予報では降水確率20%であったが ひと時、雨雲が私達と同一行動 二本松と福島では数度の気温差を体感した 2005年4月29日 福島県二本松市~福島市 (画像をクリックすると600x4…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第6回平成奥の細道ウオーク 足跡 第三日 郡山~二本松

第6回平成奥の細道ウオークの第三日は郡山から二本松まで 三日間続いた秋雨も午後には止んだ ゴールの二本松では 日本一といわれる菊人形が待っていた 菊に雨終わりよければすべてよし 2004年10月11日 福島県郡山市~二本松市 (画像をクリックすると512x384に拡大されます) …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第6回平成奥の細道ウオーク 足跡 第二日 須賀川~郡山

第6回平成奥の細道ウオークの第二日は須賀川から郡山まで 午前中は「芭蕉まつり」開催中の須賀川市内めぐり 午後は花火の号砲のもと 須賀川文化センターを出発し郡山までウォーク 2004年10月10日 福島県須賀川市~郡山市 (画像をクリックすると512x384に拡大されます) …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第6回平成奥の細道ウオーク 足跡 第一日 泉崎~須賀川

第6回平成奥の細道ウオークの第一日は泉崎から須賀川まで 台風22号が現地通過との予報で コースを短縮し希望者だけが矢吹駅まで雨中ウォーク 2004年10月9日 福島県泉崎村~須賀川市 (画像をクリックすると512x384に拡大されます) 泉崎小学校を出発 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第5回平成奥の細道ウオーク 足跡 第三日 白河の関~泉崎

第5回平成奥の細道ウオークの第三日は白河の関から泉崎まで 隊列の順番は毎日ひとつづつ交代で繰り上がる 能因法師のゆかりの地である白河の関から出発するこの日に 能因法師隊は最前列を歩く なんと言う因縁か 今日から陸奥の旅のはじまり みちのくに足踏み入れば秋まつり 2004年9月20日 福島県…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第5回平成奥の細道ウオーク 足跡 第二日 高久~白河の関

第5回平成奥の細道ウオークの第二日は高久から白河の関まで この日訪れた歌枕は白河の関 都をば霞とともにたちしかど秋風ぞふく白河の関 能因 白河関跡で、平成の能因法師(能因法師隊)は平安の能因法師を偲んで記念撮影 千年ぶりに訪れた万感の一日でした 白河に今も往にしの秋の風 しらかわに いまもいにし…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

第5回平成奥の細道ウオーク 足跡 第一日 黒羽~高久

第5回平成奥の細道ウオークの第一日は黒羽から高久まで 黒羽城址公園から芭蕉の道と続く芭蕉の館周辺は芭蕉づくし 黒羽はまさに芭蕉の町でした 途中、休憩した羽田小学校の「みんななかよし羽田っ子」 全校生徒の名札は登校が黒色で下校が赤色 ゴールの高久は無人駅 約千人の旅人(乗客)が細道(ホーム)にあふれる大盛況…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第5回平成奥の細道ウオーク 足跡 せっかくウオーク

第5回平成奥の細道ウオークのせっかくウオークは雲巌寺から芭蕉の館まで 周囲の雰囲気がなぜか荘厳になってくる頃、雲巌寺に到着する。 八溝山地のふところ深く、清らかな渓流沿いに山門がそびえ建つ。 朱塗りの橋を渡り、石段を登ると正面に釈迦堂、獅子王殿が 一直線に並ぶ代表的な伽藍配置である。 <黒羽町観光冊子より> …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第6回 平成奥の細道ウオーク 泉崎~二本松

第6回 泉崎~二本松 最大級の台風22号直撃の影響で 三日間雨中のウォークとなった 11年間の長丁場であれば このようなハプニングがあって当然 颱風のあと追いかけて奥州路 足跡 第一日 第二日 第三日 大会詳細 第1日 2004年1…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第5回 平成奥の細道ウオーク 黒羽~泉崎

第5回 黒羽~泉崎 平成・奥の細道のハイライトのひとつ 白河の関跡を訪ねます 白河の関は 太平洋側の勿来(なこその) 関 日本海側の念珠(ねず) ヶ関とともに 奥州三関といわれました 能因法師が 都をば霞とともにたちしかど秋風ぞふく白河の関 と詠んでその後 西行や芭蕉など多くの歌人俳人が…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第4回平成奥の細道ウオーク 足跡 今市~黒羽

第4回平成奥の細道ウオークは栃木県今市を出発し黒羽まで 皆さん 二年目に入ると 自信に満ちた顔々かお 5月初旬は 歩くには絶好の季節 牧歌的な田園風景の中 平成の奥の細道ウォークを 満喫しました 2004年5月1日~2日 栃木県今市~黒羽 5月1日 出発…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第3回平成奥の細道ウオーク 足跡 鹿沼ぶっつけ秋祭り

鹿沼市街では 10月11日(土)から12日(日)にかけて、 鹿沼ぶっつけ秋祭りの最中 鹿沼今宮神社祭の屋台行事「国指定重要無形民族文化財」指定記念、 市制55周年記念として全屋台27台が勢ぞろいしました。 屋台パレード 屋台パレード 屋台蔵 祭りの帰…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第3回平成奥の細道ウオーク 足跡 壬生~日光

第3回平成奥の細道ウオークは栃木県壬生を出発し栃木県日光まで 今回は二日間が雨中の旅となりました 前回の暑さを経験しているので 「雨天もまた良し」 と自信に満ちた顔が多数 日一日と 緑が多くなった 快適な三日間でした 希望者だけが訪ねた裏見の滝は 今では裏からみることはできませんが 時空を超えて …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第2回平成奥の細道ウオーク 足跡 春日部~壬生

第2回平成奥の細道ウオークは埼玉県春日部市を出発し栃木県壬生まで 近年、天候が異常な年が多いと感じます。 今年は冷夏に悩まされました。 特にやませの影響大であった陸奥は 米の不作が心配です。 ところが、9月になると一転して猛暑が・・・ 中旬というのに最高気温が35度前後の 真夏日の3日間でした。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

平成の能因法師

平成の能因法師 平成の能因法師として平安の能因法師と共に平安・奥の細道ウオークを逍遥しました 名簿 1 北山 雅治 神奈川県 能因法師隊 隊長 2 安原 範明 埼玉県 同 副隊長 3 遠藤 勝也 埼玉県 同 副隊長 4 田村 奉子 東京都 同 班長 5 舘山 茂雄 東京都 同…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成・奥の細道 足跡[日記] スライド(動画)

足跡[日記] スライド(動画) [YouTube] 平成・奥の細道 足跡[日記]の写真を動画に編集しYouTubeで公開しています 約2時間で全行程を辿ることができます *** 動画のデータ通信が整っている通信回線環境でご覧ください BGMが入っていますのでご注意ください。 2003年 第…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

平成・奥の細道 作品コンクール 短歌・俳句入選作品

平成・奥の細道 作品コンクール 短歌・俳句入選作品 未載 第5~9、12、17、20回 第32回大会 俳句・短歌 入選作品 (敦賀~長浜) 維新見ぬ烈士の墓所や百日紅 最優秀 水戸烈士の哀れを偲ぶ秋の風 優秀 垂直の雨降る古刹曼珠沙…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成奥の細道 句歌集 2

平成奥の細道 句歌集 2 雅治(まさじ) 回数年句 歌場所182008象潟や 千歳の息吹き 秋の風きさがたや ちとせのいぶき あきのかぜ秋田県222010蕉翁を 追いし羽黒や 残り雪しょうおうを おいしはぐろや のこりゆき山形県222010有難や 雪を残して 羽黒山ありがたや ゆきをのこして はぐろさん山形県262011…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成奥の細道 句歌集 1

平成奥の細道 句歌集 1 雅治(まさじ) 回数年句 歌場所12003神風の伊勢を想いて旅立ちぬ  千歳の夢を今叶えんとかみかぜのいせをおもいてたびだちぬ  ちとせのゆめをいまかなえんと出立12003行く春や 旅立つ背を 濡らす雨ゆくはるや たびだつせなを ぬらすあめ東京都12003武…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第1回平成奥の細道ウオーク 足跡 江戸~春日部

夜来の雨も直前に上がった。 富岡八幡宮で旅の安全を祈願し出立会場へと向かう。 深川の町並みは、まだ人通りも少ない。 途中、芭蕉庵に立寄り先達にご挨拶。 会場は千人を超す喧騒が待っていた。 歌枕の旅が始まる。 草の戸も住替る代ぞひなの家 芭蕉 行く春や鳥啼魚の目は泪 芭蕉 行く春や旅立つ背を濡ら…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more