テーマ:能因

能因法師への献上歌 千歳の絆

千歳の絆 能因法師への献上歌  平成・奥の細道は平成15年4月26日に江戸を出立し、平成25年10月15日に伊勢神宮を訪れる十一年の巡歴の旅。この旅の祖である大先達能因法師に歌二首を献上します。 能因の遺せし名ところ歌枕 千歳の浪漫を辿る細道 のういんののこせしなどころうたまくら ちとせのろまんを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

完歩祝賀会/能因法師歌道千周年を祝う会 開催

平成15年(2003年)4月に江戸富岡八幡宮を出立した平成・奥の細道ウオークは、 平成25年(2013年)10月13日に結びの地大垣に到着し浪漫の旅を終えた。 10月14日、伊賀市で「平成・奥の細道ウオーク完歩祝賀会/能因法師歌道千周年を祝う会」が催された。 参加者の平成の能因の皆さんは、 歌枕を辿った十一年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝能因所持本 通称・能因本

枕草子の写本の系統の一つに「伝能因所持本、通称・能因本(のういんぼん)」がある。 能因本を底本とした枕草子本文を紹介します。 バージニア大学図書館「日本語テキスト・イニシアティヴ」 http://etext.lib.virginia.edu/japanese/sei/makura/SeiMaku.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千歳の絆しおり [略称:千のしおり]

千歳の絆しおり [略称:千のしおり] 平安と平成を繋ぐ千歳の絆 「しおり」は、平成・奥の細道ウオークの道中で、「平安と平成の能因を繋ぐしおり」として、 「千歳の絆しおり」 と呼称します。 伊勢寺謹製。原画は伊勢寺蔵の掛軸を素材としています。 能因法師 わがやどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千歳の絆しおり 届く

伊勢寺から「能因法師/伊勢姫 しおり」が届いた。 しおりは、平成・奥の細道ウオークで、平安と平成の能因を繋ぐ「千歳の絆 しおり」とする。 千歳の絆しおり 伊勢寺訪問の際、住職からお話のあった中島悌次著「古曽部入道 能因法師」の複写も同封されていた。 能因…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

能因法師/伊勢姫 しおり

伊勢寺訪問で松浦寛(寬)法住職と面会の際、「伊勢寺リーフレット」と「能因法師/伊勢姫 しおり」を拝受した。 しおりは、伊勢寺蔵の能因法師と伊勢姫の掛軸を素材とした特製で、ともに和歌・像が描かれている。 住職に、 『しおりを「平安と平成の能因を繋ぐ千歳の絆」とし、能因法師隊の皆さんにも差し上げたい。』 と申…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

古曽部の里を訪ねる

平安中期の歌人、能因は、長和2年(1013年)ころ出家し、伊勢を慕って古曽部に住み古曽部入道と称した。 平成25年(2013年)は、能因が歌人となって千歳 伊勢と能因の浪漫を追って古曽部の里を訪ねた。 古曽部の里散策http://masaji36.at.webry.info/201304/artic…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

平成の能因法師

平成の能因法師 平成の能因法師として平安の能因法師と共に平安・奥の細道ウオークを逍遥しました 名簿 1 北山 雅治 神奈川県 能因法師隊 隊長 2 安原 範明 埼玉県 同 副隊長 3 遠藤 勝也 埼玉県 同 副隊長 4 田村 奉子 東京都 同 班長 5 舘山 茂雄 東京都 同…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

能因 参考文献

能因 参考文献 国立国会図書館サーチ」(NDL Search)による 「能因」検索 http://iss.ndl.go.jp/ 抜粋 能因法師集・玄々集とその研究  川村晃生 著 三弥井書店 1979  国立国会図書館蔵書 公共図書館蔵書 能因法師 : 他一七篇  岡本綺堂 著 六芸…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

能因歌枕 (略本)

能因歌枕 (略本)     能因 天地 あめつちといふ。 道 たまほこといふ、わたくし、たまつたといふ。異本、たづきといふ、わたくし、たまたといふ。 夜 ぬばたまといふ、またくらし、ぬまたまといふ、むばたまといふ。 山 あしびきといふ、しなてるやともいふ、そさのをのみことの、あしびき…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

能因歌枕について

能因歌枕について 能因歌枕は、平安時代の僧侶で中古三十六歌仙の一人でもある歌人の能因法師が著した歌学書で、「廣本」と「略本」がある。  能因歌枕 (廣本) http://www5e.biglobe.ne.jp/~masaji/hosomichi/noin/noin_utamakura.html  能…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

能因法師 <解説>

能因法師 <解説> 永延二年(988年)~永承五年?(1050年?)、康平元年?(1058年?) 別称:古曽部入道 平安中期の歌人 俗名 橘永愷(たちばなのながやす)、法名は初め融因、のち能因に改称した。 近江守・橘忠望の子で、兄の長門守・橘元愷(もとやす)の猶子となった。 中古三十六歌仙の…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

平成の能因法師の皆様方へ

ご挨拶 平成の能因法師の皆様方へ 能因法師です 今回、2003年4月から11年かけて「平成・奥の細道ウォーク」を行脚し、 2013年に伊勢を目指すと聞き、再度、陸奥の旅をすることにしました。 そういえば私が若かりし頃、 出家して摂津の国古曽部の里(地図)へ隠遁したのは、 千年前の長和二年(1013年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more